催促が来た時は

一軒家

住宅ローンを滞納してしまったら

住宅ローンを滞納してしまうと、融資をしてくれた金融機関から電話で督促があります。さらにそれでも支払いをすることができないでいると催告状として書面が自宅へ届きます。こうなってしまった場合ですが、とにかく電話連絡を無視しているのではなく窓口や電話等でいいのでまずは事情を伝えることです。そうすればリスケといって、返済計画を組み直してくれてたりなど対応をしてもらうことができます。まだ、この時期の滞納であれば住宅ローンの借り換えも検討することができます。より金利の低い金融機関で住宅ローンの融資を受けることができれば、利息の負担も少なくなりますし、毎月の返済金額も軽減できる可能性がありますので検討をしてみることです。

ローンの延滞が何ヵ月も続いている

住宅ローンの滞納が何ヵ月も続いていると、信用情報機関にブラック情報が登録されてしまう可能性があります。このようなときに弁護士に依頼をすればカードローンの返済等なら債務整理の手続きをすることができます。しかし、住宅ローンの滞納に関しては自己破産をすることができず、返済をし続けていかなければならないのです。しかし、ブラック情報がついているのであればどの金融機関も融資をしてくれることはないです。ただし、条件付きでの融資ならブラックリストである方でも融資をしてくれる金融機関はあります。物件を売却することを前提としているのなら住宅ローンの融資で借り換えをしてくれる会社はあります。それか競売ということになります。