総額以外の費用

一軒家

住宅ローンの初期費用も確認しよう

住宅ローンを組む際、いろいろな手数料や費用が掛かります。ローン返済額の総額を把握しておけばいいわけではありません。まず、住宅ローンを組む際に事務手数料がかかります。これは定額であったり、申込金額の数%だったり、金融機関によってマチマチです。また、固定金利で組む際には固定金利設定手数料を取るケースもあります。さらにマイホームを購入した時には所有権の移転もしくは設定登記をしますが、住宅ローンを組む時にはマイホームに抵当権を設定しますので、抵当権の設定費用が掛かかります。任意でかかる費用としては団体信用生命保険の保険料があります。必須としている金融機関もありますし、金利に内包されているケースもあります。

繰上げ返済を無料で行える金融機関もあります

保証料も忘れてはいけません。この保証料は住宅ローンの初期費用の中で最も高額のものとなります。最近では保証料不要の金融機関も登場してきましたが、インターネット専業銀行のごく一部でしかありません。住宅ローンの返済が始まってからも手数料がかかります。その代表的なものが繰上げ返済手数料です。繰上げ返済については一定以上の金額にて受け付ける金融機関が多いですが、インターネット専業銀行の中には1円以上無料で繰上げ返済に応じてくれるところもあります。繰上げ返済をするとその返済額に見合った保証料が返金されてくるので、手元資金に余裕があれば、ある程度繰上げ返済をしてしまうのも良いです。手数料がかからない住宅ローンで少額でも繰上げ返済をしていけば、結果的に大きなコストダウンにつながることもあります。