原則収入証明書の有無

クレジットカード

銀行系なら収入証明書不要

キャッシングをする時に、気になるのは収入証明書の準備です。源泉徴収票は年に1回しか発行されず紛失してしまって再発行にも時間がかかる、または妻が給与明細書や源泉徴収票を管理しているので妻に頼んで持ち出すと何で必要なのか聞かれて借金の申し込みだとはとても言えないなど、どうしても収入証明書が準備するのが難しいケースがあります。どうしても収入証明書を準備できない場合は、消費者金融のキャッシングばかり検討をせずに銀行のカードローンを検討してみます。銀行のカードローンは原則収入証明書がなくても申込みができるローンです。よほどの高額な限度額、300万円や500万円といった額を希望しなければ不要で申込ができます。

銀行カードローンの特徴

銀行系カードローンの特徴は、原則収入証明書が不要で申込ができることです。収入証明書がどうしても準備に時間がかかる人などは、最適の申し込み方法です。ただし、銀行によってですが200万円までとか300万円までならと収入証明書が不要な限度額の範囲はことなります。高額の限度額となると慎重審査となるためにどうしても収入証明書が必要となります。また、銀行キャッシングの特徴は限度額の大きさになります。総量規制の対象ではありませんので、借入金額が年収の3分の1以下になってしまうといた規制がないです。さらに、低金利で融資を受けることができます。消費者金融のキャッシングと比べると上限金利もさらに低く融資をしてくれます。